高木康博教授が「Innovative Technologies 2021」「NEDO賞」を受賞

2021年11月19日

工学研究院 先端電気電子部門の高木康博教授が、2021年11月17日に、DIGITAL CONTENT EXPO 2021の「Innovative Technologies 2021」を受賞し、さらに「NEDO賞」に選出されました。

■賞の概要:Innovative Technologies 2021 Special Prize – Vision –
優れたコンテンツ技術の新しいタネを見つけ、その中からより先進的な技術を選び、紹介することで、皆さんに「新しい未来」を先取り体験いただく Innovative Technologiesは、革新的な技術を発掘、表彰することで社会にイノベーションを起こすことを目的としている。

■賞の概要:NEDO賞
デジタルコンテンツEXPOにおいて、Innovative Technologies事業を後援する国立研究開発法人 新エネルギー?産業技術総合開発機構(NEDO)から優秀技術として贈られる賞。

■受賞業績
「ホログラムコンタクトレンズ」
目の中に入れることができるコンタクトレンズディスプレイが実現できれば究極のAR表示が実現できますが、コンタクトレンズ内のディスプレイに対して目がピント合わせできない問題がありました。本研究では、ホログラフィー技術を用いて、コンタクトレンズ内のディスプレイにはホログラムパターンを表示して、立体表示で画像を離れた位置に表示することで、目がピント合わせできる画像表示に成功しました。

NEDO賞の賞状

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

?11人足球网 高木康博 教授 研究者プロフィール
?11人足球网 高木康博 教授 研究室WEBサイト
?高木康博 教授が所属する 11人足球网工学部生体医用システム工学科 
?〔2021年3月23日リリース〕ホログラフィック?コンタクトレンズディスプレイの開発?究極のAR用ディスプレイが実現へ?

?

11人足球网

お問い合わせ一覧はこちら